読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の言葉から自由ですか?

ぼくは時々こんなことを言われます
「なんでそんなに自由に過ごせるの?」
「なんで君は自分の世界を持てているの?」
 
この手の相手は大抵、こちらのことではなく自分の話を聞いて欲しいのでしょう。マジレスするとクソだるいので、今すぐNバックでも背負ってせっせと現代文の勉強でもしたらどうか、とかいつも思って「さあー」と答えています。こんな風に思っていることから1つ繋がったことがあるので、今日はそれを綴ろうと思います。
 
彼らの使う「自由」とは何なのでしょうか?おそらくそれはリードから完全に切り離されることではなく、牧場の柵が少し広がることを意味するのではないでしょうか?リードから切り離せれるというのは社会との繋がりを断つということです以前のぼくはそれと柵の存在を少し混同させていましたが、その話はまた別の機会にしましょう。
 

f:id:ta9nlf:20170213220842j:plain

 
 
それならば、彼らの使う「牧場」の広さとはなんなのか?おそらくそれは今の自分のいる「世界」の広さです。そして、その「世界」とは「価値観」のことではないでしょうか。皆さんこんな経験はないでしょうか。初めて自転車に乗って自分の知らない場所へと進んだ時に、「自由」のようなものを感じたこと。初めてアブノーマルな性のあり方やフェチズムを知った時に、「自由」のようなものを感じたこと。
 
ぼくらの思う「自由」とは「世界」の広がりであって、身近なそれは「価値観」の広がりなのだと思います。自転車によって可動範囲の限界を超えた先を知ることは、現実の世界の広がりでありそれまでの「遠い」という価値観をぶち壊すもの。他の性のあり方を聞くことによってそれらの性的嗜好を知ることは、興奮の対象の広がりでありそれまでの「エロい」という価値観をぶち壊すもの
 
つまりは、それまでの価値観が広がりのあるものであることを知ることが、一種の「自由」と言えると思うのです。そこで彼らの言葉を借りて「自由」になるために何をするのかを書いていきます。
 
もったいぶらずに話すと、それは単純に
・辞書を読む
・自分よりイかれてる人のエピソードを知る
この2つです。
 
まずは1つ目の「辞書を読む」について。言語というのは世界を誰かと共有するために、その一部を切り取り、時間をかけて伝達するのに適した形に整えられたものだと思っています。これは言語研究者でも書籍をなぞったわけでもない僕が、勝手に感じていることだけですけども。
 
例えばこの記事
ニューヨークにいるお金持ちの人たちは、多くが親のスネをかじりまくって生活しているわけですが、
日本人の私たちの感覚からすると「いい歳して親の金で生活するなんてクソ野郎だ!」なんて思う人が多いかと思います。
私もそう思っていました。
しかし、ここで多くのそういう人たちと接するようになって考え方が変わってきました。
 
お金のある元に生まれたのはある種の"Gift"のようなものだと思うようになりました。
Giftというのは意訳すると英語で、「生まれ持った才能」「(幸運なことに備わっていた)神からの贈り物」のようなニュアンスですが、
日本語でしっくりくる言葉が見当たりませんでした。
[お金のハナシ] 金持ち家庭に生まれた人が親のスネをかじりまくるのは恥ではない。
 
特に大事なのはここ
お金のある元に生まれたのはある種の"Gift"のようなものだと思うようになりました。
Giftというのは意訳すると英語で、「生まれ持った才能」
 
言ってしまえば、何かにおいての才能と生まれた環境の良さをわけて考える元凶は「才能」という言葉のイメージのせいな訳です。それらのうちの半分を世界から「才能」という型枠で切り取ってしまったからいけない訳です。もし才能という言葉がなく、仮に「運が良い」という言葉しかこの世になかったのだとしたら、この感覚もなかったでしょう。ただ今更、日本から「才能」という型枠を消し去ろうするなら治安当局でも作って言論統制するとか、もっといい言葉を発明して流行語にするとかそれくらいしかないんじゃなのかな。
 
ただ、この著者のように"Gift"という言葉を知ることで、これからぼくらは生まれの運の良さについて疎ましさを感じることはなくなった訳です。つまり僕らは言葉に縛られているのと同時に、その縛りから言葉を使って自由になることもできるのではないのだろうかと思うのです。それに最適な方法が「辞書を読むこと」なのです。
 
仮に今日ぼくが知った言葉はこちらです。
・なぶりもの
・鍋墨
・生齧り
・生侍
・生半尺 etc.
 
ちなみに電子辞書だと「語尾検索」ができます。例えば〇〇肌で検索すると、
・勇み肌
・姉御肌
・鮫肌 etc.
というようにいつもなら意味を察して飛ばすような言葉にも、巡り会える訳です。1日に1ページでも良いので、めくって眺めていたら1つはよく知らない言葉があるはずです。ぼくは、それがいつか誰かを自由にする扉のようなものだと思っています。
 
長くなったので今日はここらで店じまいといたします。最後まで読んでいただきありがとうございました。感想・ディスなどありましたら伝えてくださると大変嬉しいです。
 

保存

保存

保存